お金をかけない湿気対策&カビ対策!梅雨のジメジメはこう乗り切ろう!


【コラム】彼氏が好きかどうかわからない、好きじゃないのに付き合った人の解決法

梅雨の湿気を舐めてはいけない!


お肌が乾燥しちゃう冬、花粉症に悩まされる春を乗り越え、やっと過ごしやすい季節に!
と思った矢先にやってくるのがジメジメとした梅雨の季節。

ちょっと油断していると部屋の中が結露でカビだらけに!

なんてことになりかねません。

また、喘息やアトピーの症状を抱えている人にとっては湿気だらけの部屋は最悪です。
アレルゲンだらけの部屋で生活していると症状が良くなるどころか悪化してしまいます!

そこで、誰でも簡単に、なるべくお金をかけずにできる湿気対策、カビ対策を実践してみましょう。

なるべくお金をかけない!簡単湿気対策&カビ対策


古新聞を丸めて……


home-eco-201103_1-2-size-3

古新聞は湿気対策でも役にたちます。

読み終わった新聞をくしゃくしゃに丸めて部屋の隅や過度に置いておくだけです!

新聞紙は吸水性が抜群!
除湿器がない場合の代案として使えます。

洗濯機の周りやお風呂の近く、湿気が気になる窓やベッドの下など湿気が溜まりやすいところに置いておくと、湿気を吸い取ってくれますよ。

しかし、見た目はあまりよろしくない上に、湿気を吸い取った新聞を長時間放置しておくと、カビの温床になります。
こまめに取り換えましょう。

木炭や2リットルペットボトルも使える!


IMG_0810

一身上の都合で除湿器が買えない人も新聞をとってなくて古新聞がない人も安心!
もっと安価なもので代用できます。

まずはホームセンターで売っている木炭!
バーベキューで使うアレです。
なんと、木炭は置いているだけで、木炭に空いている小さい穴から湿気や臭いを吸い取ってくれるのです。

そして、さらに入手難易度が下がるのが2リットルペットボトル!

ここに水を半分とちょっとぐらい(7割ぐらい)入れて冷凍庫で凍らせます。
氷入りペットボトルをお皿やタオルなどに置いて部屋に置いておきしょう。

すると、ペットボトルの周りに水滴が出来ます。
実はこの凍らせたペットボトルが部屋にある見えない水分を集めてくれているのです。

基本だけど、換気は大事!


window_20012016

基本的すぎて今更ですが、こまめに窓を開けて部屋の換気をしましょう。
湿気が多い季節に部屋を閉め切っていると、カビや菌が溜まりやすいですし、嫌な臭いも充満してしまいます。

忘れてしまいがちなので、朝起きたら窓を開けるなど、習慣づけてしまうと良いですね。

濡れたものは家の中に持ち込まない


a0292990_12374762

せっかく除湿・カビ対策をするなら、自ら水分を家の中に持ち込まないようにしましょう。

やりがちなのが触れた傘!
濡れたまま靴箱の側に置いたりしていませんか?
靴箱は湿気が溜まりやすい場所の一つ。

できれば屋外で乾かしてから家の中に持ち込みたいところです。

また、雨に濡れた服を部屋に放置しておくのもNG。
即ドライヤーで乾かすか、洗濯機行きにしましょう。

寝具はカビが溜まりやすい!


17

布団は湿気を吸いやすく、カビの温床になりがちです。
面倒ですが、布団は毎日必ずあげましょう。

押入れもしっかりカビ対策はしておきましょうね。
すのこを敷いておくと効果的ですよ。

また、ベッドの場合も、こまめに布団を干して湿気を取ることが必要です。
すのこベッドを導入すると、布団の下側に湿気が溜まりにくくなるので、おすすめです。

そして、ベッドの下になるべく物を置かないようにしましょう。
通気性の確保は鉄則です。

カビが怖い場所と言えばお風呂!


1432523928-1l

浴室は湿気が溜まりやすい場所No.1と言っても良いかもしれませんね。
ここの湿気対策を怠ると一気にカビパラダイスになってしまいます。

入浴が終わったら、窓がある場合は窓を開ける、換気扇がある場合は必ず換気扇を回しましょう。
それもない……という場合は扇風機を導入すると良いですよ!

選択用や災害対策に湯船にお湯を溜めている人は、必ず蓋をしっかり閉めておきましょう。
これをしておかないと、いくら換気をしても意味がないです。

また、こまめにお風呂を掃除してカビが溜まらないように気をつけましょう。

めんどくさがりでもこれ一台で!除湿機を使う


a7cd1ce2b1f9db3a79fc7bad026e78f1

誰もが考えつく湿気対策と言えば、除湿器!
(これだけ少し出費が必要な湿気対策になってしまいますが……。)

目に見えて効果が実感しやすく、スイッチを入れて部屋を閉め切って使うだけなので、忙しい人や面倒くさいことが嫌いな人にも嬉しいですね。

洗濯物の部屋干しをするなら、必須アイテムとも言えます。
値段は高いものから手頃なものまでピンキリです。

湿気対策で梅雨を少しでも快適に乗り切ろう!


意外とお金をかけずに湿気対策、カビ対策ができることがわかりました。


▼この記事に付けられたタグ

TOP