初めてのママ友作り!ママ友作りのおすすめスポットと話題紹介


初めてのママ友作り!ママ友作りのおすすめスポットと話題紹介

密かにママ友がほしいママさんへ


小さいお子さんがいるママにとって気になるのがママ友の存在。

子供を通じてできる関係なので、学生の頃からの友達のような踏み込んだ関係を作ることは少し難しいかもしれません。
無理してストレスを抱えながら、ママ友と付き合っていく必要もないかもしれません。

それでも、ママ友はいるに越したことはありません。

子育ての悩みを相談し合ったり、愚痴を言い合ったり、情報交換ができる仲ってなかなか魅力的じゃないですか?

この記事では初めてママ友を作るママに少しだけアドバイスをしたいと思います。

ママ友を作るチャンスはいっぱいある!?

ママ友を作る機会は意外とたくさんあります。

しかし、今すぐ焦って作るものではないので、気が合いそうなママがいたら声をかけてみるぐらいの気持ちでいると楽ですよ。

産院、母親学級


ママ友は妊娠中から作ることだってできるんです!
同じ産婦人科に通っているママ同士なら何度も顔を合わせる機会があるので、自然と仲良くなれるかもしれません。

ちなみに、母親学級とは同じ時期に出産予定のママが集まって出産のことや育児のことを学んで交流をする場です。
育児の知識も身に付きますし、ママ同士で情報交換もできるので、参加して損はありません。

近所に住むママ友を作るチャンスですよ。

公園


ママ友作りと言えば公園!
そんなイメージを持っている人も多いと思います。
「公園デビュー」、ちょっとドキドキですが、そんなに気負う必要はないですよ。

きっかけは案外子供が作ってくれるものです。

もちろん、気が合いそうなママがいれば、自分から話しかけてみることも大切です。

積極的に出会いを求めているなら、遊びに行く公園をいくつか作る、たまには時間をずらしてみるなど工夫をしてみても良いでしょう。

児童館


児童館では屋内で遊べるだけでなく、同じ年齢の子供を集めたイベントが催されています。

公園だけでなく、児童館でも遊んでみましょう。

新しい出会いがあるかもしれませんよ。

子育てサークル


時間に余裕がなければなかなか参加できないかもしれませんが、一番ママ友が作りやすい場かもしれません。

頻繁に同じメンバーで会うことになるので、人見知りな人でも友達を作りやすいのではないでしょうか。

保育園や幼稚園


子供が保育園や幼稚園に通うようになった後からでもママ友は作れます。
毎日の送り迎えやイベント時は他のママに出会うチャンス!

ママ友を作るなら、積極的に他のママと交流してみましょう。

ママ友とは何の話をすれば良いの?


いざママ友を作ろうと思っても何を話題にすればいいの?と戸惑う方も多いと思います。

ママ友を作るために心掛けることと言えば、まずは普通に友達を作るように相手と共通点を作ること!

これが大事です。

一番初めの話題は「何か月ですか?」これが鉄板でしょうか。

同じぐらいの月齢の子供を持つママ同士なら何かと話題も弾みますし、情報交換もしやすいでしょう。
年齢が少し離れていても、子供のことを話題にする際に会話の糸口になります。

相手が自分より年上のお子さんを持つママなら


相手のママは子育てにおいての先輩です。

自分が悩んでいる子育てについての疑問や不安なことを聞いてしまいましょう。

「○ヶ月ぐらいのときってどうでした?」、「うちの子夜泣きがすごいんですけど、どうやって乗り越えてました?」、「子供も入れるレストランとか近場にありませんかね?」など聞いてみたら、親身になってアドバイスしてくれます。

自分より年下のお子さんを持つママなら


相手から悩み相談があれば力になってあげましょう。

上から目線にならないように注意してアドバイスができれば喜ばれます。

それだけでなく、昨日のテレビの話をしたり、簡単にできるご飯のレシピの話をしたり、軽く育児の愚痴を言い合うなどの雑談も大事です。

【コラム】初めてのママ友作り!ママ友作りのおすすめスポットと話題

これは避けた方が無難!ママ友相手にNGな話題


ママ友との話題は基本的には何でもOK。
相手のママの性格や価値観などでベストな話題は変わってきますが、相手が誰であっても避けた方が無難な話題はあります。

それは何かと言うと……。

相手の家庭事情を根掘り葉掘り聞く


旦那さんとの関係や嫁姑問題などなど、プライベートな家庭の事情を話題にするときは注意が必要です。

人にとって「なれなれしい」と思う距離感は全然違います。
自分が聞かれてもOKと思っている話題でも、相手のママにとってはプライバシーがないと思われてしまうことかもしれません。

相手との距離感は自分で掴んでいくしかありません。

しかし、初めからプライベートな家の中の事情を聞くことは控えた方が無難ですよ。
もちろん、相手との距離を縮めているなら、この限りではありませんが。

子供の成績の話


子供が小学校に入ると、何かと気になるのが成績の話。

成績の話はそんなつもりはなくても、どうしてもどちらの子が上といった印象を作りやすい話題です。

子供の成績に対して神経質なママもいるので、あまり話題にしない方が良いでしょう。

子供の容姿や性格について


たとえばメガネをかけている子のお母さんに「メガネって賢そうだよね」などと不用意に発言するのは危ないです。

たとえそんなつもりはなくても、視力が良くないことを指摘されたと悩んでしまうママもいます。

容姿の話は人によって受け取り方が様々なので、余計な火種になりそうな話題でもあるのです。

ママ友の過去の話


学生時代の友達とは違い、ママ友には様々な経歴を持った人がいます。
不用意に相手の過去の話に踏み込むのは止めた方が良いです。

よくやってしまうのが、学歴の話。

「私が大学生のときは~」、「よく学生のときのサークルで~」など学生時代の話を持ち出す人がいますが、これは危険。
「あの人は学歴を鼻にかける人だ」と誤解されてしまいがちです。

配慮は必要だけど、難しく考えすぎないで!


子供を挟んだ関係ともなると、気心の知れた友達を作るのは難しいと悩んでしまいがちですが、基本的には今までの友達の作り方と一緒。

相手との距離感を考えながら、少しずつ距離を縮めていければベストです。

求めているママ友との距離感は人によって違います。

家に呼び合って遊ぶ仲を求めている人もいれば、情報収集ができればそれだけでOKという人もいます。

なかなか難しいですが、無理して親しいママ友を作ろうとせず、「気が合う友達ができたらラッキー」ぐらいな気持ちで気楽にいきましょう。


▼この記事に付けられたタグ

TOP