共働きならしてもらうべき!夫に家事を分担させる方法はこれだ!


共働きならしてもらうべき!夫に家事を分担させる方法はこれだ!
共働きなのに家事をするのは私ばっかり……。

そんなお悩みを抱えている方、いませんか?

今回は夫に少しでも家事を手伝って欲しいと悩む奥様の切なる願いを少しでもなんとかするべく、少しでもお力になれたらと思います。

あなたの夫はどのタイプ?タイプ別


まずはあなたの旦那さんが家事をやらない理由を分析してみましょう。
この中のどれかに当てはまりませんか?

「家事は女がやるもの」亭主関白タイプ


いわゆるちょっと古い考えの持ち主ですね。

このタイプの男性は本人の父親がそのようなタイプだった可能性が高いです。
子供のころからの価値観はすぐに変えるのは難しいでしょう。

あなたが専業主婦で夫が激務の場合は、こう考えてもあながち間違いではないかもしれません。
しかし、共働きの場合や、奥さんになんらかの家事ができない理由がある場合はもちろん当てはまりません。


この場合は感情的にならずに、家事を分担しなくては自分の負担が大きすぎることを懇切と説明しなくてはいけません。

また、凝り固まった価値観を変えてもらうべく、同じ仕事についている女性の旦那さんは家事に協力的であること、自分の時間がこれだけしかないことなども併せて説明してみましょう。

夫婦ともに納得できる妥協点が見つかるまで、話し合いをしてみてくださいね。

「実は一度も家事をやったことがない」箱入りぼっちゃんタイプ


ずっと実家暮らしで家事は母親任せ。

実はそもそも一度も家事をやったことがないという夫の場合はちょっとお願いしたぐらいではやってくれないことも。
(なんて言っても初めてやることですしね……。)


協力的な夫の場合はあなたが一から丁寧に教えてあげましょう。
教えたから「はい、次からは一人でよろしく」ではなく、始めのうちは二人で一緒に家事をすると定着率も高いし楽しいですよ。


なかなか協力してくれない夫の場合は「今時男性でも家事ができないのはまずい」「私に万が一のことがあったらどうやって生きていくの?」危機感を煽って家事に興味を持ってもらいましょう。

「家事はできるけどやらない」面倒くさがりタイプ


一通り家事はできるけど、「時間がない」、「面倒くさい」と何かと理由をつけてやらないタイプもいますよね。


この場合は自分も同じように時間がないことを伝え、「手伝ってほしいな」と頼んでみましょう。
感情的になって怒ってしまっては逆効果。

まずはゴミ捨てなどのささいなものからお願いしてみてください。

家事を手伝ってもらえることになったら心がけたいこと


いざ、家事を手伝ってもらえるようになってもやってはならないことがあります。
地雷を踏んで夫の機嫌を損なってしまっては元も子もありません。

手伝ってもらったら必ずお礼を言うor褒める


わざわざお礼を言ったり褒めるようなことではないのではと思うかもしれませんが、そこは割り切りましょう。

「おだてていい気にさせる」、これが大事です。

この件に関しては子供を相手にする気持ちで広い心を持ってください。

出来については文句を言わないこと


普段家事をしていない人の家事はかなり微妙な場合がほとんど。
洗濯物のしわを取ってから干さない、皿洗いの洗剤がまだ残っている、風呂掃除で水を使いすぎ……よくあることです。

一言文句を言いたい気持ちはわかります。

しかし、ここで「ちゃんとできてない」、「もっと丁寧にやって」と文句をつけてはダメです。

せっかくちょっとやる気になった夫のやる気が一気になくなってしまいます。

子供みたいですが、ここはぐっとこらえてでてきていないところは自分でやってフォローしてあげましょう。

夫が家事に慣れてきたら「ここ、こうしてくれるともっと嬉しいな」と控えめに指摘してあげましょう。


以上です。
なかなか今までやっていないことを定着させるのは大変ですが、努力をしてみる価値はありますよ!


▼この記事に付けられたタグ

TOP