生活費、間取りetc…彼氏との同棲で気をつけたいこと


生活費、間取りetc…彼氏との同棲で気をつけたいこと

同棲前に考えておきたいことは意外とある!


ドキドキの彼氏との同棲生活!

期待半分、不安半分といった感じだと思いますが、同棲をするにあたって考えておいた方が良いことがいくつかあります。

ぜひ、同棲前にお読みください!

結婚の予行練習のはずが、同棲をしたばかりに別れることになってしまったカップルもいるのです。

そうならないために、注意した方が良いポイントをアドバイスしますね!

「どちらも納得」は意外と難しい……生活費の割合


shutterstock_168091232

お金はかなり重要な問題ですよね!

相手と自分の立場(正社員、非正規社員、フリーター、学生、無職など)や、各自の収入の額によって、どのような割合でお金を出していくのか変わっていくと思います。

これが正解!という答えはないので、難しいですよね。


もし、彼氏とあなたの収入にそれほど差がないのであれば、平等に生活費も家事分担も折半するのがおすすめです。

生活費は折半なのに、家事はすべて彼女負担では不公平なので、同時に家事についてもちゃんと話し合いましょう。


デートの際に彼氏に全額払ってもらっている女性の中には、同じノリで生活費の大部分を彼氏に払ってもらおうとする人もいますが、これは危険。

毎月のことですし出費の額も大きいので、「結婚前なのに、独りで住んでいるときよりだいぶお金がかかる」と思われると、結婚が遠のく可能性もあります。

また、二人の共同の財布から出費をする際には、無駄遣いにも気をつけてくださいね。
もし、金銭感覚があまりにも違う場合は結婚してから苦労することにもなるので、注意が必要です。

部屋の間取り


同棲先の物件ですが、できればお互い一人になれるパーソナルスペースがある家がベストです。
プライベートな空間がまったくないというのは、実はかなり疲れるもの。

プライバシー確保にもなりますし、ケンカをしたときに頭を冷やすこともできます。
(狭い部屋に二人でいるしかないとなると、ケンカもヒートアップしがちです。)
生活スタイルや勤務時間が違うカップルなら、お互いのスタイルに対応させることもできますしね。

ケンカの原因第一位!?担当の家事だけはさぼらない!


d045abca

家事の分担はカップルによって異なると思います。

完全折半のカップルもいれば、仕事の有無や勤務時間、得意・不得意で誰が何をするか決めているカップルもいるでしょう。


自分の担当になった家事はさぼらないでしっかりやること。


自分は「ちょっとぐらい」と思ったことでも、積もり積もると相手の我慢を超えてしまいます。

家事の分担については同棲生活でケンカの元になる第一要因でもあります。
お互いが納得する家事分担を一度じっくり話し合ってみましょう!

親しき仲にも礼儀あり!プライバシーは絶対守る


151118_sexless

一緒に暮らし始めても、お互いのプライバシーはしっかり確保しましょう。

いつも相手に監視されているような気がする生活では息が詰まってしまいます。

彼が不在だからと言って、彼の持ち物を勝手に漁らないこと。
これは鉄則です!
もちろん、スマホの中もですよ。

また、離れて過ごした時間のことを根掘り葉掘り聞いたり、きつく束縛したりするのもNG!
結婚を前にして、あなたとは一緒に暮らせないと思われてしまいます。

女らしさを捨ててはいけない!


shutterstock_156099824

一緒に暮らしているうちにすっぴんが当たり前、裸でうろうろするのも当たり前、彼の前で着替えるのもムダ毛処理もやっちゃうなんて、人は結構います。

これはあまり良くないですね。


男性は普段あまり見られないものにしか興奮しません。


同棲前はばっちり化粧をして、たまに見る女の裸にドキドキしていたのに、今ではそれが日常茶飯事……では、だんだんあなたを女として見られなくなってしまうなんて恐れも!

こうならないためにも、肌の露出度は極力上げないことを心がけましょう。
女性としてドキドキしてもらうためにはムダ毛処理などの裏の姿も見せないこと。

「女であること」を捨ててはいけません。

ダラダラ続けていると逆効果!?期限を決めておこう


Cafegoogirl_61496_1

あまりダラダラと同棲生活を続けてしまうと、デメリットも出てきます。

彼が今の楽な生活に慣れてしまい、結婚する気がなくなってしまうという事態が発生する可能性もあるのです。

同棲は結婚と違って制約もありませんし、責任もありません。
今の生活と対して変わらないのに、わざわざそんなものを背負う意味がわからないと思ってしまう男性もいるようです。

結婚に向けての練習として同棲をしたのに、彼の結婚への意欲が低下してしまっては何のために同棲したのかわかりませんね。

こうならないためにも、あらかじめある程度同棲生活の期限を決めておくと良いです。
この間に二人で貯金をしておくのも良いですね!


▼この記事に付けられたタグ

TOP