スキンケアの基本!春の乾燥肌はこれで解消しよう!


【コラム】スキンケアの基本!春の乾燥肌はこれで解消しよう!

春なのに肌が乾燥!?あなただけではありません!


「やっと温かくなってきたのに、肌が乾燥しててつらい!」

春になっても肌の乾燥に悩んでいる方は結構いるのではないでしょうか?
肌の乾燥は冬だけのものと思いがちですが、それは間違い!

春は肌にとってはトラブルだらけの要注意な季節なのです!!
今回はとくにお悩みの声が多い肌の乾燥トラブルへの対策法をお教えします。

そうだったの!?春に肌が乾燥する原因はコレ!

春に肌が乾燥しがちな理由は実はこんなにあります。

一日の温度差が大きい


空気の乾燥は寒い季節特有のものという印象があると思いますが、そんなことはありません!

実は3月から5月あたりの時期も十分湿度が低い季節。
春は日中が暖かくても、日が落ちるとまだまだ寒いので、湿度に気を付けましょう。

この季節は、日中の温かい温度によって肌の皮脂の分泌量が大きくなり、夜は気温が低くなるので湿度が急激に下がります。
この寒暖の差が肌の調子を乱れさせる原因になってしまうのです。

加湿器はまだまだ必須!
そして、できるだけ日中と夜で気温や湿度の差が大きくならないように心がけましょう。

花粉症は肌にも影響を与えている


この時期、つらい花粉症の症状に悩まされている方も多いと思います。

花粉症の症状は肌にも現れ、花粉症皮膚炎を引き起こします。

あなたの春の乾燥肌は花粉のせいかもしれません。

花粉症は身体に付いてしまった花粉を、身体自身が外に押し出そうとして起こるアレルギー反応です。
これは鼻や目だけでなく肌でも起こり、赤見やかゆみ、肌がカサカサする原因となっています。


帰宅後はなるべく家に花粉を入れないような対策をとって、花粉が付いたままのメイクはすぐにオフしましょう。

顔の肌に張り付きがちな髪の毛の花粉もしっかり除去してから、お家に入りましょうね。

春特有のストレスも原因に?


春は別れと出会いの季節。

自分を取り巻く環境がガラッと変わると少なからず、ストレスを抱えてしまうものです
自覚はなくても、知らず知らずストレスを溜めてしまっているかもしれません。

ストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌が敏感になりがち。

できるだけストレスを溜めないようにするのはもちろん、せめて規則正しい生活習慣を心がけてみましょう。

紫外線も乾燥に影響している!


この時期から夏にかけて徐々に増えてくる紫外線も乾燥肌の原因の一つ!

「まだ日差しもそこまで強くないし……」と春は紫外線対策を怠りがちな季節ですが、それは間違いです!

夏ほどのダメージ量ではないにしても、日々の紫外線からのダメージを舐めてはいけません。
紫外線からダメージを受けた肌は乾燥はもちろん、しみやくすみの原因に。

日焼け止めや帽子などでブロックしましょう。
日焼け止めの目安は、日常生活や短時間の外出ならSPF10~20・PA+。
スポーツやアウトドアならSPF20~30・PA++あたりを目安にしてくださいね。

【コラム】スキンケアはしないとまずい!憂鬱な春の乾燥肌はこれで解消!

春の顔の乾燥対策はコレ!

乾燥肌でとくに気になるパーツと言えば、一番目につきやすい顔。
顔の乾燥肌対策はしっかり行いましょう!

洗顔は「優しく」が鉄則!


汚れを落とすために、ついごしごしと洗ってしまいがちな洗顔。
しかし、力を入れた洗顔は肌の乾燥に繋がってしまう一つの原因です!

春はとにかく、肌の乾燥をブロックしてくれる油分が不足する時期。
ごしごし洗いではただでさえ少ない油分も一緒に落としてしまうのです。

顔の潤い成分を残しておくためには、ごしごしと手で擦る顔洗いは卒業しましょう。

また、タオルで水気を拭くときも、顔を軽く抑えるようにして拭いてくださいね。


洗顔直後は化粧水で肌の水分蒸発をブロック!


洗顔の直後は肌の水分をカバーしている油分が流れ、角質にある水分がもっとも蒸発しやすい時期なのです。

肌の水分が蒸発してしまう前に、化粧水や美容液で水分蒸発を防ぎましょう!

乾燥肌なら化粧水は三度付けするのがおすすめ!

以下の工程で洗顔をしてみてください。

①まず、洗顔直後に一度化粧水を付けてお肌に浸透させます。
②その後、二度目の化粧水を付けてから、やはりお肌に浸透させる時間を作ります。
③最後にもう一回化粧水を付けましょう。


一回ごとに手のひらでお肌をプレスすると浸透力がアップすると言われています。


ここで注意することが一点!

乾燥した肌への化粧水の三度付けは有効なのですが、元々肌がキレイな方がこれをやると化粧水の付け過ぎになってしまいます。

肌が十分潤っている状態で化粧水を付け過ぎるのはNG。

逆に肌が乾燥してしまったり、肌の保湿機能が衰えてしまったり、ニキビなどの肌荒れの原因になってしまう恐れもあるのです。
自分の肌の状態をよくチェックしてから、どのぐらい化粧水を付けるか判断してくださいね。


また、乾燥肌でお悩みなら化粧水は保湿を目的にしている「しっとり系」、肌のバリア機能が回復する「セラミド」が配合された化粧水を使用しましょう。

乾燥がひどい箇所は乳液(クリーム)も付けよう!


肌がとくに乾燥する時期は油分を補ってくれる乳液やクリームを使って、足りない油分を補給しましょう。

蒸発しようとしている水分を、油分の蓋でカバーしてあげているというイメージがわかりやすいでしょうか。

しかし、こちらも使用する際の注意点があります。
油分を過剰に摂取し過ぎると、自ら油分を作り出すことができない肌になってしまう恐れがあるのです。

乳液やクリームをたっぷり使用するのは良いスキンケアとは言えません。

それよりはまず水分を補給して乾燥肌を抑えましょう!
乳液やクリームばかりに頼る前に化粧水を見直した方が良いです。


いかがだったでしょうか。
憂鬱な春の乾燥肌対策をして、ハッピーな気分で春を満喫しましょう。


▼この記事に付けられたタグ

TOP